【百合かも】月刊ドラゴンエイジにて女子高生たちがプロ棋士を目指す「駒ひびき」が連載開始!


本日1月9日発売の月刊ドラゴンエイジ2月号(富士見書房)にて、むらさきゆきや・さがら総原作による水鳥なやの新連載「駒ひびき」がスタートした。監修を務めるのは、マンガやアニメ通としても知られる棋士・高橋道雄九段。
「駒ひびき」は、将棋に情熱を燃やす女子高生たちの対局を描く物語。永世名人の祖父から将棋を学んだおっとり少女・あゆみと、借金返済のためプロ棋士を目指す強気な鋭利香が、高校の将棋部で出会いともに成長していく。

引用先:コミックナタリー – 女子高生の将棋バトル描く新連載、監修は高橋道雄九段 : ナタリー – ポップカルチャーのニュースサイト

 

 1月9日発売の月刊ドラゴンエイジ2月号より、女子高生たちがプロの将棋棋士を目指す「駒ひびき」が連載開始!

 漫画は、おとこの娘漫画「ボクのことスキになって」の水鳥なや先生。

 ちなみに「駒ひびき」は本物のプロ棋士が監修しており、将棋作品としても内容の濃い作品として期待できそうです。

 
 話変わりますが、女性主人公の将棋漫画で言うと「しおんの王」とか思い出しますね。あちらは、将棋×サスペンスで百合的には控えめでしたが、声出せない薄幸少女が主人公で、応援したくなる人柄に、謎が謎を呼ぶ展開で続きが読みたくなる内容で、あれはあれで好きでした。