デストロ246 2 (サンデーGXコミックス)

そういえばなのセントに夢中で更新してなかった間の作品が宙ぶらりんだったので、何作か簡単に紹介 その2

デストロ246 2 (サンデーGXコミックス) デストロ246 2 (サンデーGXコミックス)
(2013/05/17)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る

内容紹介
銃弾と刃のガールズトークアクション!
互いに引き寄せ合うように刃を重ね、銃弾を放ち合う翠、藍、伊万里、苺、蓮華、南天の6人の凶悪女子たち!
翠と藍は主人である透野の妻子を毒殺した人物を捜すため、伊万里に接触する。
伊万里は毒の扱いに長けた苺の存在を仄めかすが……。
----------
バイオレンス作品なので、
人が死にまくりますが、メイン級の女の子は死にません。
ただ、性別が男のキャラは、名前があっても気づいたら死んでるような扱いは前巻同様で、
不安なく読める作品で、バイオレンス作品では珍しいですよね。
女の子同士のシーンあり。
とくに苺側サイドは安定して百合百合してます。
さらに新キャラも増えて、作品自体の凶悪さも増してます。