ストレンジベイビーズ (IDコミックス 百合姫コミックス)

ストレンジベイビーズ (IDコミックス 百合姫コミックス) ストレンジベイビーズ (IDコミックス 百合姫コミックス)
(2013/07/18)
大沢 やよい

商品詳細を見る

内容詳細
動画投稿サイトでつながった女子高生4人。
最強のきゃわわ★ネットアイドルになんでも食べちゃうムボーな美少女×2。そして…最後のひとりは…
ヤギのフェイスマスクを冠り、黒魔術。って一体…???
優等生、ヤンデレ、クーデレ、カリスマヘタレ。
まるでちがうフォーマットの女の子たちのハートが震えてつながる、ラブ・ザ・ワールド! 視聴開始!!!!!
------
大沢先生が昔書いた短編集「ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ 」内の同名作品のスピンオフです。
読んでいなくても解る内容ではありますが、先にブラックヤギーを読んでおくことを推奨します。

 ブラックヤギーと劇薬まどれーぬ (IDコミックス 百合姫コミックス)

上の「内容詳細」では女の子たちがキャッキャして、青春してるイメージを持ちそうですが、
そんなことはありません。
簡単なあらすじですが、前作(?)の主人公の黒山羊さんこと八木さんと正ヒロインのマドレーヌことマドちゃんのお話。
と思ったら全然違うんですよ。(いや違くは無いんですけど)
いきなり登場した後輩ちゃんが、まさかの猛アプローチ。
そして山羊さんが後輩ちゃんの告白を受けちゃって恋人に?!
友達として近くにいるマドちゃんは自分の気持ちにも気づいて、もう大変。
八木さんと後輩ちゃんのイチャイチャを見せつけられるわ、自分の気持ちがグチャグチャになるわで、
物語途中から、どんどん病んでいき、そんなマドちゃんの異変に気付くような、気づかないようなな、ヘタレ八木さん。
さらには後輩ちゃんがマドちゃんにプレッシャー与えてと、結構ドロドロの内容です。
ただ、作風がポップなため、そこまで構えて読まなくても大丈夫です。
傷害沙汰とかは無いですし、後輩ちゃんも鵜になって海に飛び込んだりとコメディ要素も多分にあるので、
作品自体はスッと読めると思います。
■作品感想
ネタバレも有るので続きを見るからどうぞ。
感想を見る
■百合推しシーン
後輩ちゃん、颯爽登場!
見にくいですけど、八木さんに馬乗りしてます。
DSC_0261.jpg
後輩ちゃん猛アプローチ!①
こいつは完全に落としにかかってやがりますぜぇ
DSC_0266.jpg
後輩ちゃん猛アプローチ!②
口元から少しずれた場所のキスってのは外れたのか、外したのかで大分意味が変わってきますよね。
DSC_0267.jpg
後輩ちゃんと後輩の親友ちゃん。
親友ちゃんが手伝って八木さんと付き合えた気持ちを素直に吐露
DSC_0269.jpg
二人のイチャぶりに心痛めるマドちゃん。
八木さん。もう少しマドちゃんに優しくしろい!!
DSC_0272.jpg
ずれたボタンをかけ直し始めるシーン
ついに自分の本音を伝えるマドちゃん(右)。髪型違うのはウィッグつけてるからです
DSC_0268.jpg
ついに二人の気持ちが・・・?
1人が泣き出して、もう一人がもらい泣きして、さらにそのまま見つめ合うシーンとか大好物です。
百合名鑑に入れていいんじゃないですかね。
DSC_0275.jpg


-------------------------------------------------------— 
caution.png※ここからは読んだ感想なので壮大なネタバレを含みます。






とりあえず、最後が納得できません。
結局マドちゃんと良い感じになって終わったのはいいのですが、
後輩ちゃんの関係を完全棚上げで終わるという何とも消化不良な終わり方です。
これ物語が続くんですかね?
続かないでこれで終わりだと、生殺し状態です。
途中で、寝てる後輩ちゃんに後輩ちゃんの親友がキスするシーンが有り、
この二人がくっ付いて終わるんだろうなと思っていたのですが、
その辺もなぁなぁで終わってしまったので、すごく残念です。
続巻が出ることを期待したいですね。