【レビュー】魔カリキュラム! (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

内容紹介
悪魔のJK、女子高で難儀。
健気系ちょいワルヒロインの登場です!

一人前の悪魔になるべく「人間界での実習」として高校生活を送る阿久マヤ。
人間たちの負のエネルギーを集めるはずが、にぎやかクラスメートに囲まれ四苦八苦!?
帰りは寄り道、移動教室もトイレまでも一緒、
なんでこいつらこんなに一緒にいるんだっ! …ってそれがJKなんです。

新鋭・chiimoの描く、キュートでちょっぴりダーティーなガールズコメディ第1巻。
読まないと悪さしちゃう、ぞ!

———–

百合度
★★★☆☆☆(C-)

スキンシップ度:
★★★☆☆☆(C)

好み度:
★★★☆☆☆(C+)

#===================================

■作品感想

 主人公の阿久マヤは、悪魔学校の課題を達成して一人前の悪魔になるため現世に降りてきた悪魔見習い?の女の子。その課題と言うのが人間たちが持つ嫉妬や怒りなどの負の感情を集めることで、クラスメイトや知人に悪戯を仕掛けていつも空回りしちゃうドタバタ空回りコメディ!・・・と思ってたらぜんぜん違う内容でした。
 
 内容紹介など見たらそう思ってしまう人も多いのではと思いますが、上にも書いたとおり軽いノリと思って読むと、少しギャップに驚きます。勿論、よく内容を確認しないで購入した管理人が明らかに悪いのですけどね。ただ、あの内容紹介だと、もう少し女の子たちがキャッキャウフフしてると思うじゃないですか。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 いや単純に私が悪いんですけどね。本当にすみません。
 
 それで本当の内容としては、マヤがカップルを分かれさせたり、友達が本気で取り組んでいることに対して邪魔をしたりと、陰湿な悪戯をしかけて本気で悪魔目指しながらも、クラスメイトとの友情の間で揺らいでいくお話です。

 流石にマヤが仲の良い友達の邪魔をしたのはヒきましたが、そこで「自分は何やっているのだろう」と自問自答し始めた点は良かったです。マヤの成長を楽しむ作品としては、改心した後にでもちゃんと謝るところまで描写してくれれば嬉しいなと思います。このままだと本当にただの悪女ですもの。

 百合的にはクラスメイトのマヤが初めて転校してきて最初に友達になった胡桃との関係が親友として昇華されていくであろう今後の展開が楽しみなところです。今巻のラストでは二人がすれ違い始めていくところで終わるので、続きが気になる作品で、終わり方やこれからのマヤの心境の変化次第で個人的なお気に入り度はかなり高くなると思います。

■百合推しシーン

3人の友達
DSC_1114

おそろいのストラップを貰って
DSC_0832

少しずつ打ち解けてくマヤ
DSC_0854

それでも譲れないものが・・・?
DSC_0860

そして友達とも・・・?
DSC_0845