【レビュー】見滝原☆アンチマテリアルズ (1)

内容紹介
『まんがタイムきらら☆マギカ』で大人気の本作がついにコミックス化!

共闘のため、同居することになったマミとほむらは 家事を分担しつつ、中身が入れ替わったり、二人で炬燵で年越しをしたりしつつ…
目が離せないほむらとマミの共同生活の行方は――?

———–
百合度
★★★☆☆☆(C)

スキンシップ度:
★★★☆☆☆(C)
#===================================

■作品感想

 ほむらがマミさんに共闘を申し込んだ結果、なぜか二人で同棲ルームシェアすることになる、この作品。個人的には、まどか☆マギカはほむ×まどが王道だと思っているので、この組み合わせは新鮮味があって好印象でした。

 

 作品としては、巻の最後の方に少しシリアスも入りましたが、ほとんどゆったり時間が進んでいきます。不思議なのは数週間しかリミットが無いはずなのに、年越しやらバレンタインやらと季節ものに対応している所です。別に深く気にすることではないのですが、最初の方でワルプルギスの夜に言及していたので、若干腑に落ちませんでした。もしかしてマミほむの愛の力で倒しちゃったんですかね(*゚∀゚)=3

 

 百合的には熟年夫婦?とはちょっと違うかもしれませんが、同棲している恋人のようでニヤニヤが止まらない内容でした。何気にほむほむが、マミさんのファンクラブに入っていたりと、まどかとの約束はどこに行ったのかってぐらいマミさんに夢中で、マミさんはマミさんで甘えんぼで良いお姉さんキャラもしており、このカップリング有りだなと、管理人も感心してしまいした。

 

 なによりマミさんの可愛さが通常の3割増しです。原作では、しっかりしたお姉さんなイメージでしたが、アンチマテリアルズではおっとりしていて、母性にあふれていて、茶目っ気もある理想系のお姉さんキャラとなっており、作者のマミさん好きが伝わってきます。作者さんがマミさん好きなのかは知りませんが((´∀`))

 

 いや、実はアンチマテリアルズを読む前に下の作品を読んだのもマミさんが可愛く見えた要因なんだと思います。
巴マミの平凡な日常 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
 こっちのマミさんは、アラサーでちょっと残念キャラだったのでギャップにやられたのかもしれません。
 (※こちらの作品は、マミさん意外の魔法少女たちが、結婚or婚約してる設定ですので百合を期待しない方が良いです。)
 

 

 アンチマテリアルズでは杏子もマミさんに気が有るようなそぶりをしているので、マミさん、モテ期ですよ!今のうちに嫁を見繕っておいた方が良いですよ!!!

 

■百合推しシーン

朝のおはよう。ほむほむの照れ具合がイイデス!
DSC_0794

同棲で良いじゃないですか、もー
※ほむほむのセリフ切れてました。「ルームシェアと言って」と供述しております。
DSC_0783

炬燵であーん。
もう恋人ですね。知ってます。
DSC_0763

杏子に餌付け。
DSC_0771

マミさん、渾身の一撃
DSC_0774