【ちょい百合】お兄ちゃんのことが好きすぎてにゃんにゃんしたいブラコン妹だけど素直になれないの 第7話


caution.pngこちらは百合作品ではありません。

内容紹介
お兄ちゃんのことが大好きな中学2年生のサヤ。ある日、なぜかネコになってしまったサヤはお兄ちゃんになでられているうちに気持ちよく…? なぜかエッチな展開満載で織り成す変態ブラコンコメディ!

———–
百合度
★★☆☆☆☆(D)

スキンシップ度:
★★★★☆☆(B-)

caution.png「第7話 ライバル登場!?で素直になれないの」での評価です。単行本一冊の評価ではありません。

前提として、
主人公であるサヤは、超がつくストーカー気質のお兄ちゃん大好きな妹。
お兄ちゃんの洗濯ものを漁ったり、座った場所のぬくもりを頬を付けながら感じたり、それはもう変態のような行動をする子なのですが、

話の序盤で、あることをすると猫になってしまう体質になってしまいます。
(あ、別に隠すことでもないんですが一応。

そんなサヤですが、猫になれることを良いことに、猫好きのお兄ちゃんに甘えて撫でてもらったり構ってもらたりしています。
ただ、それだけなら好青年が可愛い猫を撫でてる微笑ましい絵になるはずのですが、
その撫でられてるシーンを猫耳の付いた人間のサヤが撫でられてるイメージに差し替えられていて、それがとにかくエッチです。

作者も注釈で何度なく、「イメージです。」って言っていますが、完全にアウトです。
むしろ、注釈で作者が遊んでまして、それはそれでまた面白いです((´∀`))

と、長い前提になりましたが、
今回、取り上げた話は、サヤと同じくお兄ちゃん大好きなイトコの百乃(ももの)が来るところから始まるのですが、
もちろんお互いを敵視しているサヤと百乃。
ただサヤに旗色が悪くなっていくと、例のごとく猫になってお兄ちゃんに甘えようとするのですが、
何故か百乃に撫でられて、サヤが感じちゃう気持ちよさそうにして、
女の子も有りだなと良い感じに悟ってしまうお話です。(違う

まぁ結局お兄ちゃんも混ざって3人でイケナイことしてる風になっちゃうんですけどね。
でもそれまでの過程は中々よかったです。

■百合推しシーン

首筋ペロペロ
DSC_0629

あくまでイメージです
DSC_0618

もうお兄ちゃん抜きでも良いんですよ?
DSC_0621

 

 

 

 

 

このコマの早耶ちゃんこれは完全に目覚めちゃってますワー
DSC_0614